空き巣などの手口を事前に知り、被害を未然に防ぐなど、防犯アドバイスなら
  1. 鍵交換・鍵トラブル解決の鍵屋
  2. 防犯対策と侵入の手口

侵入の被害を未然に防ぐには

犯罪の手口

侵入犯罪の手口とそれに対する対応策を行うことによって未然に防ぐことが可能です。鍵猿では各手口に適応した鍵をご提案し、鍵交換・鍵取り付けサービスを行っています。

鍵交換におすすめの鍵鍵の交換サービス
ピッキング
鍵穴に針金のような特殊工具を差し込み、シリンダー内部のピンタンブラーを動かすことで、適合した鍵を差し込んだ状態にします。ピッキング対策のされていない旧式の鍵なら数秒から数分で解錠できると言われています。

対策

ピッキング対策がされている最新の鍵に交換することをおすすめします。
バンピング
合鍵の部材となるブランクキー(加工前の鍵)を差し込み、ピンタンブラーを弾き動かして解錠します。
旧式のものはディンプルキーであっても対策をされておらず、解錠することが可能です。

対策

補助錠をつけ1ドア2ロックにする、または最新の鍵に交換する。最新の鍵はほとんど対策されていますのでバンピング解錠は現在では困難な手法と言えます。
サムターン回し
ドリルなどを使ってドアの一部に穴を開け、中のサムターン(つまみ)を回して解錠する手口です。

対策

サムターンに防犯対策が施されたものへ交換するか、サムターンにカバーを取り付けることが有効ですが、それでも外から中の状態は見えないためドアに穴を開けられる可能性はあります。解決策としては頑丈なドアへの交換、補助錠を取り付けるなどおすすめします。
カム送り・バイパス開錠
シリンダーと錠前ケースの隙間に工具や針金を入れ、直接ケース本体の内部を操作し、解錠する手口です。主にシリンダーとドアに隙間があくタイプの鍵が対象となります。

対策

カム送り対策済みのシリンダーへの交換や錠前ケースの交換または、シリンダーの隙間に防止金具を装着する。
破壊・こじ開け
バールを使ってこじあける・ドリルで鍵穴に穴をあけるなどの手口があります。バールなどをてこの原理で開ける、こじ開けは外開きの日本の玄関のつくりの特性上、完全に防ぐことは難しい手口です。

対策

鍵穴に超硬部品が入った製品に交換する、ガードプレートの取り付けなどによって解錠に時間をかけさせることが有効です。
お電話は0120-787-277