トイレの鍵の種類と開け方・壊れた鍵の修理方法

  1. 鍵交換 鍵トラブル解決の鍵屋
  2. トイレの鍵の種類と開け方 壊れた鍵の修理方法

トイレの鍵の種類と開け方 壊れた鍵の修理方法!

トイレの鍵の種類と開け方 壊れた鍵の修理方法!

「トイレに入って鍵をかけようとしたら、鍵が壊れてしまってかからなくなった!」

「中に人がいないのに、ドアが開かなくてトイレ内に入れない…!」

「用を足してさぁ出ようとしたら鍵が開かなくなった!」

こんな経験はありませんか?

生活に欠かせないトイレでこんなトラブルは困りますよね。

この記事では、トイレの鍵が壊れた時の修理方法と、種類、そして開け方についてご紹介します。

1.トイレの鍵の種類

トイレの鍵の種類

玄関の鍵などと同じように、トイレの鍵にも種類があり、見た目や構造も様々です。

ご自宅のトイレの鍵がどのような構造なのかを知って、壊れた時や不具合がおきたときに慌てないよう知識を増やしていきましょう。

1.円筒錠

円筒錠とは、握り玉式と呼ばれるドアノブについている錠前の一つです。

ドアノブの中にはシリンダー錠が組み込まれており、デッドボルトと呼ばれる部分(鍵を回すとドアから出てくる四角い部品)がないのが特徴です。

室内側にあるドアノブ中央のユニバーサルボタンを中へ押し込むことでラッチボルトが固定され、通路側のノブが回らなくなることで施錠される仕組みです。

2.ケースロック

ケースロックとは、鍵を回すとデットボルトが出てくる本締錠の一つで、箱錠とも呼ばれています。

鍵穴とレバーハンドルやドアノブが別になっており、扉に錠が彫り込まれていることが特徴です。

また、より耐久性・防犯性の強いものは玄関ドアにも使用されています。

3.ラバトリーロック

ラバトリー(lavatory)=洗面所という意味で、元々は車両の化粧室用に作られたものです。

内側からバーをスライドさせることによって施錠することができ、バーの外側の部分には人が入っているかどうかが表示される表示板が付いていることが特徴です。

スライド錠ともよばれており、自宅以外の施設(駅や学校など)でよく使われているタイプです。

2.トイレの鍵の特徴とは?

トイレの鍵の特徴とは

トイレの鍵は、内側からのみ鍵をかけられることが大きな特徴です。

外側には、誤って鍵がかかってしまった場合に使用する、非常用解除装置や非常用の鍵穴などがついており、それをコインやマイナスドライバー、専用の鍵などを操作することで解錠できる仕組みになっています。

また、学校や商業施設など、多数の人が利用するトイレで使用されているものは、施錠した際に施錠状態が外側の表示板に表示され、中に人が入っているかどうか、外側から一目でわかるようになっているものが多いことも特徴です。

トイレの鍵は、玄関などの防犯性を求められる鍵に比べて、解除しやすいような作りになっていることが最大の特徴です。

3.トイレの鍵が壊れた!簡単な修理方法を覚えよう

トイレの鍵が壊れた!簡単な修理方法を覚えよう

トイレの鍵は、玄関鍵などの防犯性の高い鍵に比べて、自力で対処できることの多い鍵でもあります。

ご自宅のトイレの鍵のタイプを調べて、各鍵の修理方法を知り、対処してみましょう。

1.ドアノブのゆるみを修理する

鍵をかけていないのに鍵がかかってしまったなど、鍵自体に問題があるのではなく、ドアノブがゆるんでしまったためにトイレの扉に不具合がおきてしまっている場合があります。

ドアノブを回しても、回っているだけで中の装置とうまくかみ合っていないと感じた時はゆるんでいる箇所のネジを締め直しましょう。

2.レバーハンドルのゆるみを修理する

ご自宅のトイレの扉についているのがレバーハンドルの場合、ハンドルの位置が水平位置より下がったりしていませんか?

その場合は、取手の部分であるレバーハンドルがゆるんでいる可能性があるので、緩みを締め直しましょう。

手順は、ゆるんでいるネジはそのままで、ドアノブを体と手で押さえつけながらプラスドライバーでネジを押し上げるようにしっかり右に回して締め直します。

それでもゆるみが直らなければドアノブ自体の交換が必要です。

3.鍵が閉まらないトラブルを修理する

ドアノブやハンドルレバーの修理以外に、施錠装置のサビつきも考えられます。

トイレはほかの部屋よりも水分の多い場所で、トイレのハンドルなどは比較的さびにくい素材が使われていることが多いですが、それでも時間が経てばサビが発生してきます。

この場合、よりさびにくいドアノブなどに交換することが必要です。

また、ドアの建付けが悪いと、だんだんとドアのズレが大きくなり、急にドアが開かなくなることもあります。

その場合はドアの取り付け直しが必要になってきますので、リフォーム会社などに依頼するようにしましょう。

4.トイレの鍵が開かない時の解決方法

トイレの鍵が開かない時の解決方法

トイレの鍵の特徴でもご紹介しましたが、トイレの鍵の外側には非常用解除装置がついているものがあり、緊急時に外側から解錠できるようになっています。

一般的に多いものの見た目は、ドアノブの上部辺りに小さな円が設置されており、中央にへこみがあります。

その部分にマイナスドライバーや硬貨などをさし込み、回すと、解錠される仕組みになっています。

そのほかにも、穴の開いた部分に専用の解除装置をさしこむものや、非常用の鍵をさしこんで解錠するものなどもありますので、自宅のトイレの鍵はどのような解除装置があるのか確認してみましょう。

また、そのほかの方法では、針金ハンガーのフックを扉の隙間にさし込み、引っ張ることで開ける方法もあります。

扉によっては隙間が狭く、ハンガーをさしこめないものもあり、無理に差し込もうとすると怪我をする恐れもありますので、注意が必要です。

5.トイレの鍵の修理・鍵開けは鍵屋にお任せください

トイレの鍵には、ご紹介した円筒錠・ケースロック・ラバトリーロックなど、様々な種類があり、室内にある鍵のため、防犯性よりも解除性の高い鍵が多いことが特徴です。

そのため、玄関など防犯性の高い鍵に比べて、自分で修理可能であるものや、外から解除しやすく設計されているものが多いことから、これらの知識を身につけることで、突然のトラブルにも自分で対処できることの多い鍵であると言えます。

しかし、対処できる中でも、直し方に少しのコツが必要であることから、より状態を悪化させてしまうこともあります。

ご紹介してきた方法を試してみても開かない・直らない場合は是非鍵屋鍵猿にお任せください。